今すぐオンラインで試験に合格し、試験に合格した後に支払います。 今コンタクトしてください
私たちとしゃべる:
whatsapp
telegram
CCSA、CCSE、CCSM

CCSA、CCSE、CCSM: チェックポイント認定について知っておくべきこと

Jan 16, 202215 s 読むAmit Masih
CCSA、CCSE、CCSM: チェックポイント認定について知っておくべきこと

CheckPoint は、世界中の主要なソフトウェアおよびハードウェア企業の間で有名な名前です。 CheckPoint セキュリティ認定は、CheckPoint 製品を使用したセキュリティ管理に関する受験者の知識とスキルを検証します。この資格は、情報技術分野でキャリアを積みたい方に最適です。

CheckPoint 認定資格を取得すると、インターネットを保護するためのすべてのスキルを持っていることが証明されます。初心者と専門家の両方を対象に設計された CheckPoint の認定プログラムの一環として、3 つのオプションを利用できます。

以下は、CheckPoint 認定のリストです。簡単に見てみましょう:

  • チェックポイント認定セキュリティ管理者 (CCSA)
  • CheckPoint 認定セキュリティ エキスパート (CCSE)
  • チェックポイント認定セキュリティ マスター (CCSM)

チェックポイントとは?

Check Point は、情報セキュリティ分野の専門家向けにさまざまな認定プログラムを提供するサイバーセキュリティ企業です。これらの認定資格は、ネットワーク セキュリティ、データ セキュリティ、セキュリティ管理など、サイバーセキュリティのさまざまな分野における個人の知識とスキルを検証するように設計されています。

CheckPoint 認定とは何ですか?

CheckPoint 認定を取得すると、CheckPoint セキュリティ ソリューションを構成および管理できることを証明できます。 CheckPoint 認定を取得するには、CheckPoint によって開発されたテストに合格して、CheckPoint のテクノロジを使用する能力をテストする必要があります。 CheckPoint 認定資格は、高度なセキュリティ スキルと知識を意味します。これは、CheckPoint テクノロジのみに適用される小学位のようなものです。 CheckPoint 認定資格を取得すると、経験豊富で知識豊富なセキュリティ プロフェッショナルを必要とする企業で仕事を得たり、昇進したりする可能性が高くなります。

チェックポイント CCSA

CheckPoint CCSA は、CheckPoint の統一されたポリシーの理解を強調する基本的なベンダー固有の認定です。このコースの主な目的は、ファイアウォール操作を処理し、ネットワーク間で共有される情報のセキュリティを維持できる専門家の流れを作成することです。したがって、この証明書は、GAiA で CheckPoint セキュリティ ゲートウェイおよび管理ソフトウェア ブレード システムをインストール、構成、および管理する能力をテストします。この認定資格を取得すると、ネットワークの脅威の分析とトラブルシューティング、現在のセキュリティ ポリシーの評価と最適化による脅威の最小化、疑わしいネットワーク アクティビティの監視、企業 LAN の管理ができるようになります。

試験名: CheckPoint 認定セキュリティ管理者 (CCSA) 試験コード: 156-215.80 試験料金: 250 米ドル 所要時間: 90 分 問題数: 90 合格点: 70%

CheckPoint CCSA 認定資格を取得した受験者は、次の分野に関連する知識とスキルを実証します。

  • CheckPoint テクノロジーの概要
  • セキュリティ ポリシー管理
  • トラフィック監視
  • ネットワーク アドレス変換
  • VPN の基本概念
  • ユーザーアクセスの管理
  • ClusterXL での作業
  • 管理者タスクの実装

必須試験: CheckPoint CCSA 認定を取得するには、CCSA R80 試験に合格する必要があります。

前提条件: なし。

推奨される経験: CheckPoint 認定試験に合格するには、受験者は CheckPoint 製品を 6 ~ 12 か月間実際に使用した経験があり、ネットワークと TCP/IP について十分に理解している必要があります。

チェックポイント CCSE

CheckPoint CCSE 認定は中級レベルの認定です。この試験では、受験者のユーザー管理スキルを検証するだけでなく、VPN を処理および最適化し、管理サーバーをアップグレードする能力も評価します。受験者は、CheckPoint CCSE 試験を受けるために、ファイアウォール、VPN、およびサーバーのトラブルシューティングに精通している必要があります。 CheckPoint CCSE 認定は、GAiA オペレーティング システム上での CheckPoint セキュリティ ゲートウェイ、スマート レポーター、スマート プロビジョニング、スマート ワークフロー、SSL、VPN、スマート イベント製品、および管理ソフトウェア ブレード システムの開発、変更、およびトラブルシューティングに関する専門家の知識とスキルをテストします。

試験名: CheckPoint 認定セキュリティ エキスパート (CCSE) 試験コード: 156-315.80 試験料金: 250 米ドル 所要時間: 90 分 問題数: 90 合格点: 70%

CheckPoint CCSE 認定資格を取得するには、受験者は次の CheckPoint トピックとスキルに関する実用的な知識を証明する必要があります。

  • CheckPoint テクノロジーの概要
  • 展開プラットフォームとセキュリティ ポリシー
  • トラフィックと接続の監視
  • ネットワーク アドレス変換
  • ユーザー管理と認証
  • SmartUpdate の使用
  • アイデンティティ認識の実装
  • VPN トンネルの構成
  • セキュリティ管理の問題の解決

必須試験: CheckPoint CCSE 認定を取得するには、CCSE R80 試験に合格する必要があります。

前提条件: この認定を受ける資格を得るには、まず CCSA R80 認定を取得する必要があります。すでに CCSA R77 認定を取得している受験者は、CCSA R80 認定も取得する必要があります。

推奨される経験: 受験者は、CheckPoint 製品、強力なネットワーキング、Windows および UNIX サーバー管理スキル、およびセキュリティ証明書管理の実用的な理解に関する広範な実践経験を持っている必要があります。

チェックポイント CCSM

CheckPoint CCSM 認定は、最も高度な技術認定の 1 つと見なされています。 CheckPoint CCSM 認定試験の受験に関心のある受験者は、高度なコマンドを使用して、セキュリティ システム、製品、およびサービスのトラブルシューティング、構成、および最適化を行う能力に基づいて評価されます。サイバーセキュリティの専門家であれば、この認定を取得することでスキルを向上させることができます。この認定を取得するには、ClusterXL と SecureXL の知識、コマンドの問題の処理、および不適切に構成された VPN の特定が必要です。候補者は、ネットワーク、ネットワーク セキュリティ、およびサーバー管理のスキルにも精通している必要があります。

試験名: CheckPoint 認定セキュリティ マスター (CCSM) 試験コード: 156-115.80 試験料金: 350 USD 所要時間: 90 分 問題数: 90 合格点: 70%

この CheckPoint CCSM 認定資格は、次のトピックとスキルに関する受験者の知識を検証します。

  • セキュリティ実装に対するポリシーの変更
  • UGI クライアント接続
  • 安全な社内コミュニケーション
  • VPN トンネル インターフェイス
  • IPv6 展開
  • チェックポイント コマンド
  • Open Shortest Path First (OSPF)
  • ネットワーク アドレス変換 (NAT)
  • ClusterXL デバッグ ファイル

必須試験: CCSM R80 認定を取得するには、CCSM R80 試験に合格する必要があります。

前提条件: この認定を受ける資格を得るには、候補者は CCSE R77 または R80 認定を取得している必要があります。

推奨される経験: この認定資格を取得するには、受験者は CheckPoint 製品の豊富な実地経験、高度なネットワーキングおよびサーバー管理スキル、およびネットワーク セキュリティの包括的な理解が必要です。

Check Point 認定資格: 給与およびキャリア情報

CheckPoint 認定資格を保持することは、潜在的な雇用主に対して、個人がこの分野で働くために必要な知識とスキルを持っていることを示すことができるため、サイバーセキュリティのキャリアにとって有益です。給与に関しては、CheckPoint 認定資格を持っている人は、その分野での専門知識のレベルを示しているため、より高い給与を要求する可能性があります。

いくつかの異なるチェック・ポイント認定プログラムが利用可能で、それぞれがキャリアのさまざまな段階で働く専門家のニーズに応えるように設計されています。たとえば、Check Point Certified Security Administrator (CCSA) 認定は、サイバーセキュリティの分野を始めたばかりの専門家を対象としています。対照的に、Check Point Certified Security Expert (CCSE) 認定はより高度で、高いレベルの経験と専門知識を持つ人を対象としています。

個人がどの CheckPoint 認定資格を保持しているかに関係なく、給与とキャリアの機会は、個人の経験レベル、教育、場所などのさまざまな要因によって異なる可能性があることを覚えておくことが重要です。

PayScale のレポートによると、CheckPoint 認定資格を持つ IT プロフェッショナルは、かなりの給与を得ることができます。ここで簡単に見てみましょう:

  • CheckPoint CCSE 年間 $103,000
  • CheckPoint CCSA 年間 89,000

チェックポイント認定試験を受ける前に知っておくべき重要事項

CheckPoint 認定資格の取得に関心がある場合は、準備のためにいくつかの手順を実行できます。

どの認定資格があなたに適しているかを判断してください:

CheckPoint は、キャリアのさまざまな段階にある専門家向けに設計された、さまざまな認定プログラムを提供しています。現在のスキル レベルとキャリア目標に合った認定資格を選択することが重要です。

試験の目的を確認します。

チェック・ポイントは、Web サイトで各認定プログラムの試験目的の詳細なリストを提供しています。これらの目標を確認すると、試験の準備のためにどのトピックを学習する必要があるかを理解するのに役立ちます。

実践的な経験を積む:

多くの CheckPoint 認定試験では、CheckPoint の製品とテクノロジに関する実践的な経験が求められます。ラボ環境で CheckPoint 製品を操作したり、オンライン トレーニング コースや実践演習を完了したりすることで、必要な経験を積むことができます。

なぜ CheckPoint 認定を取得する必要があるのですか?

CheckPoint 認定資格を取得すると、サイバーセキュリティのキャリアに役立つ理由がいくつかあります。

知識とスキルの検証:

CheckPoint 認定は、認定プログラムでカバーされている概念とテクノロジを深く理解し、この知識を実際の状況に適用できることを潜在的な雇用主やクライアントに示します。

改善された仕事の見通し:

CheckPoint 認定資格を保持していると、サイバーセキュリティで働くために必要な知識とスキルを持っていることを示し、より競争力のある候補者になることができます。

より高い給与の可能性:

Glassdoor のデータによると、CheckPoint 認定セキュリティ エキスパート (CCSE) の平均年収は 115,000 ドルです。 CheckPoint 認定資格を取得すると、より高い給与を要求したり、より良い報酬パッケージを交渉したりできる場合があります。

### 専門能力開発:

CheckPoint 認定資格を取得するには、かなりの時間と労力が必要です。認定試験の準備をして合格することで、サイバーセキュリティに関する知識とスキルを深める機会が得られます。

チェックポイント認定を受けたいですか?

CheckPoint 認定試験の受験に関心がある場合は、代理試験サービスを選択できます。 CBT Proxy では、合格後に支払うモデルに従います。つまり、テストに合格した後にのみ料金を支払う必要があります。プロキシ試験の詳細については、下のチャット ボタンをクリックしてください。それに応じて包括的なガイドを提供します。

読み続けます
取得すべき 7 つのプロジェクト管理認定資格
取得すべき 7 つのプロジェクト管理認定資格
プロジェクト管理認定資格は、競争力を高め、キャリアアップに役立ちます。
ITキャリアを後押しする10のサイバーセキュリティ認定
ITキャリアを後押しする10のサイバーセキュリティ認定
IT セキュリティ認定資格を取得すると、仕事の機会が広がり、昇進や給与の交渉が容易になります。