今すぐオンラインで試験に合格し、試験に合格した後に支払います。 今コンタクトしてください
私たちとしゃべる:
whatsapp
telegram
APICS CLTD

APICS CLTD とは何ですか?あなたが知る必要があるすべて

Aug 15, 202113 s 読むAmit Masih
APICS CLTD とは何ですか?あなたが知る必要があるすべて

ロジスティクスおよび流通部門で認定を取得することよりも満足できることは何ですか?サプライ チェーン マネジメントに携わりたいという夢がある場合は、APICS CLTD 認定試験を受けるだけで十分です。

このガイドでは、APICS CLTD 試験の形式、資格、要件、雇用機会などについて説明します。 .

APICS CLTD 認定とは何ですか?

Certified in Logistics, Transportation, and Distribution (CLTD) 認定は、現代のサプライ チェーン ロジスティクスに関連する課題への対応を支援します。

APICS は、対象分野の専門家のチームと共に、人気が高く広く認知されている CLTD 認定を開発しました。 CLTD の指定は、幅広いロジスティクス、輸送、流通サービスに使用でき、業界のグローバル ベンチマークとして世界中で認められています。

要件: APICS CLTD 認定

CLTD 試験の受験に関心がある場合は、ロジスティクスまたはサプライ チェーン管理の分野で 3 年以上の経験が必要です。

また、SCM の学士号、または米国の学士号と同じ価値を持つ同等の国際学位を取得している必要があります。

CSCP、CPIM、CFPIM、CIRM、SCOR-P、CTL、C.P.M.、CSM、または CPSM で他の APICS 認定を取得することにより、テストの資格を得ます。

試験を受ける資格を得るには、良好な状態にある以前の認定資格を既に取得している必要があります。

問題数: APICS CLTD 認定

この試験では、合計 150 の多肢選択問題 (運用セクションから 130 問、プレテストから 20 問) が出題されます。これらの問題は、ピアソン VUE ネットワークのテスト センターを介してコンピューター ベースのテスト (CBT) によって管理されます。

プレテストの質問に対するポイントは付与されません。これらは調査目的のみを目的としており、全体的なスコアには影響しません。プレテストの質問は、採点されたアイテム間でランダムに配布され、統計分析の目的でのみ使用されます。

したがって、それ以外の目的で使用することはありません。受験者は、事前テストの項目でどの項目が採点され、どの項目が採点されないか分からないことが予想されます。

ただし、これらの項目は、テストで採点される項目に似ています。 APICS CLTD 認定 に合格するには、受験者はすべての試験問題に答える必要があります。

資格: APICS CLTD 認定

CLTD認定を受けることは、あなたが思っているよりもはるかに便利です。すべての候補者が満たす必要がある資格要件は 3 つだけです。

さらに、APICS CLTD 認定試験を受けるには、次の基準のいずれかを満たす必要があります。

  • サプライ チェーン関連の 3 年以上のビジネス経験
  • 学士号または国際的に同等の学位
  • CPIM、CLTD または CSCP、CTL、CFPIM、CIRM、SCOR-P、C.P.M.、CSM または CPSM の指定

これとは別に、候補者は次の分野でサプライチェーン関連のビジネス経験を持っている必要があります。

  • 原料抽出
  • 輸送および物流
  • 調達
  • 製造業
  • 倉庫業
  • 分布
  • 小売り
  • 顧客サービス
  • ソフトウェアの設計とサポート
  • 管理
  • 販売
  • 品質管理
  • 熟練した工芸品(技術者)

仕事の機会: APICS CLTD 認定

APICS CLTD が、サプライ チェーン マネジメント (SCM) の分野でよく知られており、広く受け入れられている認定の 1 つであることを納得させる必要はありません。

CLTD 認定を取得することは、輸送と流通に関する今日の需要に対応する準備が整っていることを示しています。

APICS CLTD は、次の職務を対象としています。

  • 物流ディレクター
  • 社長兼CEO
  • 物流マネージャー
  • グローバル輸送マネージャー
  • 材料マネージャー
  • サプライチェーン管理
  • 運用管理者
  • プロダクションマネージャー
  • トラフィック アナリスト

APICS CLTD 認定を取得するメリット

個々の従業員に対する CLTD の利点

APICS CLTD は、個人が以下を開発するのを支援します。

・グローバルな環境下では、物流活動を効果的に統合するための知識とスキルが必要です。

  • ロジスティクス業界で成功するためには、ロジスティクス活動を戦略的に評価し、効率と利益率を最大化する決定を下すことができなければなりません。
  • 可能性を獲得する可能性が高くなり、仕事に対する自信が高まります。 ・ネットワーク構築による物流のプロフェッショナル間の連携。

組織にとっての CLTD の利点

APICS CLTD は、次のサービスを提供することで組織を支援します。

  • 運用を合理化し、利益を促進するには、ロジスティクス イニシアチブをビジネス目標と一致させる必要があります。
  • ロジスティクスの課題と機会に対処するために、企業はチーム内で共通の理解、語彙、プロセス、およびフレームワークを開発する必要があります。
  • 成功するビジネスを構築するための基盤として、グローバル標準に基づいた物流慣行を作成します。
  • 生産性の向上とコラボレーションの促進に加えて、CLTD 認定は組織のイノベーションを促進することもできます。

試験内容: APICS CLTD 認定?

APICS CLTD 認定を取得するために合格する必要がある試験が 1 つあります。この試験は、150 の多肢選択式問題で構成されています。

試験はコンピュータ ベースのテスト (CBT) で、3 時間半で完了します。

APICS CLTD 認定試験は、次の 9 つのモジュールに分かれています。

モジュール 1: ロジスティクスの概要と戦略 モジュール 2: 物流ネットワークの設計 モジュール 3: サステナビリティとリバース ロジスティクス モジュール 4: キャパシティ プランニングと需要管理 モジュール 5: 注文管理 モジュール 6: 在庫管理 モジュール 7: 倉庫管理 モジュール 8: 輸送 モジュール 9: グローバルロジスティクスに関する考慮事項

試験成功のための重要なヒント

CLTD 試験に合格するには、相当な労力と時間が必要です。ただし、ここでは、CLTD 認定試験に合格するための重要なヒントについて説明しました。

簡単に見てみましょう:

  • あなたの学習スタイルに応じて、適切な学習方法を選択してください。
  • 先延ばしを避けるために、試験日をスケジュールします。
  • 適切な学習計画を作成し、それをカレンダーに記入し、それを厳守してください。
  • あなたの長所と短所を調べます。
  • 試験材料のマニュアルを調べます。
  • 自分の「知識のギャップ」を特定し、SmartStudy ツールを使用して、それらの分野で余分な学習時間を費やします。
  • 概念の適用方法を理解する。
  • APICS 試験ビデオにアクセスして、準備を整えます。

APICS CLTD 認定はそれだけの価値がありますか?

CLTD またはその他の資格を持つ人は、APICS 認定の恩恵を受けます。そのため、多くの組織や企業が APICS の重要性を認識しています。例として、APICS CLTD 認定資格は、潜在的な雇用主に対して、あなたが高度な知識とスキルを持っていることを示します。

安全およびサービス レベル アグリーメント (SLA) を満たすことにより、Certified in Logistics, Transportation, and Distribution (CLTD) 認定は、特定の要件を満たす専門家の能力を実証します。

内部プロセスを強化するだけでなく、CLTD は企業の業績向上にも役立ちます。この認定を利用することで、雇用主は従業員が組織内の潜在的な地位に適していることを簡単に確認できます。

その結果、雇用主はサプライ チェーン管理に関して競合他社より優位に立つことができます。

すべての事実を考慮した結果、CLTD 認定はロジスティクスおよび流通の最高の資格の 1 つであり、専門家のキャリアに大きな影響を与えます。

また、CLTD 認定は、組織の全体的なインフラストラクチャとサプライ チェーン管理 (SCM) プロセスを強化するための賢明な投資と見なされます。

なぜ APICS CLTD 認定を取得する必要があるのですか?

CLTD 認定は、物流、輸送、および流通に携わる人々に幅広い知識、技術、および標準を提供します。

  • CLTD 認定は、ロジスティクス セクターのスキル ギャップを埋めることによって、顧客の要求を満たすために必要な人材を雇用主に提供します。
  • CLTD 認証は、インバウンド資材管理、アウトバウンド流通、およびリバース ロジスティクスの効果的な実装を通じて、企業のバリュー チェーンが最適化されていることを保証します。
  • ロジスティクスのベスト プラクティスを熟知していることを示します。

APICS CLTD 認定試験を受験し、合格後に支払う

ロジスティクスおよびサプライ チェーンの専門家で、CLTD テストを受験したい場合。私たちはあなたをカバーしました。 CBT Proxy は、世界最高のプロキシ サービス プロバイダーの 1 つに選ばれました。

代理人の助けを借りて CLTD 試験を受験する方法の詳細については、弊社までお問い合わせください。弊社のコンサルタントがご連絡を差し上げ、それに応じてご案内いたします。

読み続けます
CompTIA Cloud+ 認定試験の目的 (CV0-003)
CompTIA Cloud+ 認定試験の目的 (CV0-003)
CompTIA Cloud+ 認定は、世界中の多くの大企業に認められ、受け入れられている主要な資格の 1 つです。
APICS CLTD: ロジスティクス、輸送、流通の認定
APICS CLTD: ロジスティクス、輸送、流通の認定
現代のビジネス環境において、サプライ チェーン ロジスティクスは、克服しなければならないさまざまな課題を提示しています。